〈 3万円〜5万円 〉

本当にごめんね。

動物の種類:中型犬
ペットの名称:柴犬
性別:女の子
その他
治療費:3万円〜5万円
marry
2020ねん秋分の日、愛犬ラムは旅立ちました。

約2ヶ月、ごはんを食べなくなり水と栄養剤をあげていました。
体は日に日に軽くなり、若く健康なときの体重は10キロを超えていたのに、最期は5キロ弱でした。

夜泣きもあったのに、次第に声も発する事ができなくなり、オムツをして1日寝たきりでした。
せめて、少しでも一緒にいたいと思い、夜は家族でラムの部屋で一緒に皆で寝ていました。

日中も、必ず誰かがいるようにし、留守中の異変を見逃したくなかったのです。

しかし、2ヶ月の間の、たった1度だけ、
半日留守にしなければならなく、家族で外出したのです。

家に帰ると、ラムは、息をしていませんでした。
小さな柵から出ようと、ありったけの力を振り絞り乗り越えようとし、そこで力尽きたのです。

大きな声で名前を呼び、反応がないとわかった途端に7歳の娘が大きな声で泣き出しました。

あの光景を思い出すと今でも涙が溢れます。

たったの半日。

後悔しても、しきれない。

ラム、こんな飼い主でごめんなさい。

ラム、本当にごめんね。

それと、本当にありがとう。

ログインするとコメントできます
獣医師
こんばんは
eternal family 専属獣医師です。
文章からご家族の皆様がいかに
ラムちゃんを大切にしていて
看病をしっかりしていたか
伝わってきます。

診察の場で
多くの家族の皆様と動物たちのお別れを目の前にします。
その時、ほとんどの場合
もっとしてあげれたことはなかったのか、これでいいのかと多くの親御様が悩みに悩んでいます。
獣医師として、毎回思うのが
最善をしてあげる、あげれたにかかわらず、本当に動物たちは大切にされていて、家族の1人と皆様が考えているんだなと強く感じます。
獣医師でも最善の治療が確実にこれです。ということは不可能です。
僕個人の意見ですが
家族がその子を思って生活していれば
それは最善の選択なのじゃないかなと思います。
ラムちゃんは本当にたくさんの思い出をもらって、最後まで大切にしてもらえたとおもいます。 
半日の後悔を悔やむお気持ちは本当にわかります。しかし、どれだけの幸せを与えれたかも思い出して自分を責めてばかりはせず、ラムちゃんのことを思い出してあげてください。


2020-10-24 23:35:25

獣医師には伝わらない

動物の種類:小型犬
ペットの名称:トイプードル
性別:男の子
治療費:3万円〜5万円
marry
うちには15歳の柴犬と、同じく15歳のトイプードルがいます。
もう既に2匹ともに老犬です。
柴犬は後ろ足を引きずり、まともに歩けません。常に寝ています。
トイプードルは、興奮するとたまにヒキツケを起こします。
それの原因は病院に行っても、わかりませんでした。
喉に何かが詰まるような咳です。
獣医師は発作が出たら飲ませてくださいと、薬を処方しました。
発作中は抱きかかえて安心させてあげる事しか出来ません。
苦しそうに喉を鳴らしているのに、そんな時に薬など飲ませられるわけなどありません。
それ以来病院へは行っていません。

老犬ゆえに、薬は飲ませたくないし病院のストレスも与えたくないのです。

今は毎日を少しでも共に楽しく過ごしています。
ログインするとコメントできます
獣医師
こんばんは
Eternal family の専属獣医師です。
てんかんの原因を調べるためには
様々な検査をおこなったり、麻酔の必要な検査だったりと老犬のお子様には負担が大きいですよね。
獣医師は医学的知識では親御さんにまさっていますが、15年間共に過ごしてきた親御さんにはそれ以上の信頼と本人の体調を見極める経験があります。
症状からその発作を抑える薬はでていると考えられます。発作時は本人にも相当辛い時間です。親御さんの判断で、獣医師処方のお薬をのせてあげて、本人を楽にさせてあげるのも親御さんだけができる事の一つです。発作を抑える薬には座薬タイプのものもあります。

来院のストレスまで本人たちの事を考えていて、2人が本当に大切にされているのが伝わってきて、獣医師として嬉しく思います。
しかし、もし発作が10分以上続いたり、意識が戻らないうちに次の発作を起こすのを繰り返している場合には速やかに病院に行く事をお勧めさせて頂きます。
てんかん重積発作といって発作の中でも命にかかわる重大な状態になります。

これからも愛犬たちとの
楽しい日々を過ごしてください。
2020-07-16 21:07:07

パルボウイルス

動物の種類:小型犬
ペットの名称:トイプードル
性別:男の子
感染症
犬パルボウイルス感染症
治療費:3万円〜5万円
NO NAME
3才になったばかりにいつも通り 
お散歩をしていました。
私の住んでいる所から3分くらいの距離に
動物病院があります。
いつもお散歩コースで使っているのですが、
お散歩してから何時間後から
嘔吐、下痢、ついには血便が始まり、
その動物病院は小さい病院なので
大きい病院に行きました。そこで
診断受けたのがパルボウイルスでした。

そこから血便、嘔吐、点滴をしてもらい
お家に帰りました。

その日の夜中に皆が見守る中息を引取りました。
ほんもにパルボウイルス感染症にかかると
心の余裕がないまま亡くなってしまいました。

原因ではないかもしれないですが何も考えずお散歩コースとして選んでいた事を後悔しています。もっと知識があればと思いました。
動物病院の前を通っていた事
ログインするとコメントできます
NO NAME
コメントありがとうございます。
毎年1年に1度はパルボウイルスを含む
ワクチン接種はしていました。
2020-07-08 19:38:32
NO NAME
ワンちゃん亡くなってしまったのですね。残念で胸が痛みます。私は毎年、愛犬へパルボウイルス感染症のワクチンを接種させております。亡くなった仔はワクチン接種をさせているのに感染してしまったのでしょうか。怖くなり質問をさせていただきました。
2020-07-08 14:33:10
新しい投稿 NEW!!
おてんば娘に困っています(2) 本当にごめんね。(1) 絶食してから2ヶ月頑張ってくれました(1) 涙はまだ早い(1) 今朝、亀を連れて病院に行きました。(1) 余命宣告受けました(1) 寝たきりのミニチュアダックスへのケアについて(1) 猫のオヤツとアレルギー(1) 同じ病気の情報を求めています。(2) 余命宣告からたった2週間で亡くなりました。(1)