〈 パピヨン 〉

膀胱結石

動物の種類:小型犬
ペットの名称:パピヨン
性別:男の子
泌尿器管
膀胱結石
治療費:20万円〜30万円
ぱぴ
11歳のパピヨンの男の子を飼っています。
5歳の時に、尿道に結石が出来て詰まり、排尿出来なくなりました。
おしっこの体勢のまま、尿が出ずに苦しそうにし続けるのです。
病院で、まず、尿道にある結石を超音波で砕けないか、やっていただきましたが、届かずダメでした。
とりあえず、おしっこが出ないので、詰まっている石を尿の出口から逆噴射して膀胱に戻す処置をして、
後日、膀胱切開をして結石を取り出す手術をしました。
が、翌年また結石が再発、その後もまた再発し、その都度手術になりました。
フードも結石予防のものを食べていましたが、
9歳の時にまた結石で詰まり、今まではシュウ酸カルシウム結石でしたが、今度はリン酸カルシウム結石が出来た。
これを予防すれば、また違う結石が出来る・・何をしていいのかわからなくなりました。
獣医さんから、尿道が細くなる手前に穴を開けて新たな尿の出口を作り、そこから排尿をするという手術を勧められました。
我が子の体に穴を開けるなんて・・でも、そうすればその穴から石が出るので詰まりが無くなる。
膀胱にも石が溜まらなくなる。
術後は、エリカラ3週間外せず、新しく作った尿の出口に薬を毎日塗らなければならない。
悩みましたが、手術を受け、今は順調におしっこが出ています。
結石は予防できるのが一番ですが(予防できなかった不甲斐ない飼い主ですが)
参考になればと、投稿させていただきました。








ログインするとコメントできます
新しい投稿 NEW!!
膀胱結石(0) 犬の高脂血症について(0) 膜のような便(1) 腫瘍は小さくできない?(1) 吠えグセについて(1) 教えてください!高齢犬・脂肪腫・後ろ足マヒ(0) おてんば娘に困っています(2) 本当にごめんね。(1) 絶食してから2ヶ月頑張ってくれました(1) 涙はまだ早い(1)